役立つ技術を狙うなら|保育士になるための学校|夢を叶えたいなら

保育士になるための学校|夢を叶えたいなら

本

役立つ技術を狙うなら

先生と子供

進学で得られるもの

大学に進学するとなると、それなりの時間と費用が必要になります。同じ時間と費用をかけるなら、将来に役立つ知識や技術を習得できるように努力すべきでしょう。そこで注目したいのが、これからの社会に必要とされる知識や技術です。誰にでもできる仕事ではなく、資格が必要である仕事につながるものを学んでおくと将来の仕事探しが有利に進められることになります。そこで注目したいのが幼稚園教諭です。待機児童が多く、女性の社会進出を阻む原因になっていることを知っている方も多いでしょうが、そこで注目されているのが子どもを預かる仕事です。比較的給与が低く長時間労働になりやすい保育士に比べ、教育を中心に行える幼稚園教諭のほうが続けやすい仕事といえます。大学で取得できる資格として今後有望なものとなります。

特技や趣味をプラス

単に大学で幼稚園教諭の資格を取るだけではなく、それにプラスアルファを加えてより価値のある幼稚園教諭になれるように工夫していきましょう。楽器が得意なら楽器を極めてみる、英語が得意なら英語をしっかり学ぶ、運動が得意ならその道で成果をのこせるようにするなど、大学生のうちだからこそできる活動を積極的にしていくとよいでしょう。サークル活動に積極的に取り組むという事でもよいでしょう。最近の幼稚園は多様な教育で園児を集める傾向にあります。専門的なことを教えられる先生なら採用に大きく近づいていくでしょう。いざ幼稚園教諭として働き始めてから別のことを身に付けるのは難しくなります。時間のたくさんある大学時代に広く経験を積み、特技を伸ばしていくことが重要です。